バイアグラジェネリックとは

1998年にアメリカのファイザー社から販売され、1999年に日本で初めて許可され、バイアグラは歴史が長く、効果、安全性が高く、始めて使用する方にお勧めなED治療薬になります。
バイアグラジェネリックは、バイアグラのように膨大な研究費用がかからず、ファイザー社が販売しているバイアグラと違い、価格が大きく抑えられ、病院によって処方価格は違いますが、バイアグジェネリックは、バイアグラの半分以下の価格で購入する事ができ、インドでは物質特許が認められず、早い段階でインド製のジェネリック医薬品が販売されました。
2014年5月に日本国内で、バイアグラジェネリックが登場しました。
バイアグラジェネリックは2017年の時点、10社以上から販売されています。

バイアグラジェネリックの種類

通常のカマグラの他にも色んなタイプのバイアグラジェネリック医薬品があります。
いずれも有効成分は、シルデナフィルを使用しています。
早漏改善を求めている方は、スーパーカマグラ、スーパーフィルデナなどをお勧めします。
値段にも差がありますが、これらの種類は人それぞれの好みによって選択する良さがあります。

・錠剤タイプ
カマグラ(カマグラゴールド)、スーパーカマグラ、スーパーバイスマ、エンスージア、ラブグラ(女性用バイアグラ)など

・ゼリータイプ
カマグラゼリー、ハードオンゼリー

・チュアブルタイプ
カマグラチュアブル

・ODフィルム
バイアグラODフィルム(ミント味)

・発砲錠タイプ
カマグラ発泡錠

カマグラチュアブル

カマグラチュアブル バイアグラのジェネリック医薬品になり、インドのAjanta社が開発した飴、トローチのようなED治療薬になります。
バイアグラと同様、有効成分はシルデナフィルクエン酸が配合されています。
パッケージにはフルールの絵が書いてあり、一瞬お菓子のような見た目です。
ラムネのように噛んで食べる事ができるので、お菓子感覚で水なしでも服用する事ができます。
噛み砕く事になりますので、通常の錠剤タイプに比べ、早い効果が得られると言われています。
あくまで薬なので美味しいとは言えませんので、期待をしないでください。
味はイチゴ、バナナ、オレンジ、パイナップルの4種類となります。

カマグラチュアブルの効果

効果はバイアグラとほぼ同様の効果を得られる事ができます。
有効成分:シルデナフィルクエン酸
効果継続時間:4時間~6時間
男性はペニスの血流が増加する事により勃起が起きます。
血流を増加させるためには神経、血管など、身体の機能がとても重要ですが、他にも勃起をするために大切な働きが2つあります。
★cGMP(環状グアノシン一リン酸)
"天然の血管拡張物質"とも呼ばれ、血管を拡げ血行を良くしてくれる物質
★PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)
"勃起抑制酸素"とも呼ばれ、cGMPを分解する性質がある物質

カマグラチュアブルの副作用

基本的にバイアグラと同様の副作用となります。
・頭痛
・目まい
・目の充血
・動悸
・消化不良
・顔のほてり
・鼻づまり
これらの症状は、カマグラチュアブルを服用するとほとんどの方に起こりえる副作用となります。
どれも一般的な症状なので、そこまで深刻なる必要はありません。
しかし身体の健康状態によっては、深刻な事態を引き起こす場合もあるため、カマグラチュアブルを服用する際は、体調管理には気を付けてください。
また頭痛が起きた場合、市販の薬局で購入できる
・ロキソニン
・バッファリン
・EVE(イブ)
などを服用してください。
こうした副作用に加え、一緒に副作用する事を禁止されている併用禁忌薬があります。
併用禁忌薬い指定されている薬一緒に服用すると、命に関わる重篤な副作用が発生します。

カマグラチュアブルの服用方法

性行為1時間前に1回25㎎~50㎎1日1回服用してください。
カマグラチュアブルは、飴のように舐めたり、噛み砕いたりしながら服用してください。
また苦手な方は、水、ぬるま湯と一緒に服用しても問題ありません。
また1日1回以上の服用はできず、次服用する際は必ず24時間以上空けてから服用するようにしてください。
高齢者の方(65歳以上)、肝臓、重い腎臓障害がある患者さんは、血中濃度の上場が認められる事から25㎎からの服用となります。
カマグラチュアブルは100mgしかないため、何回かに分けて服用してください。

カマグラゼリー

カマグラゼリー 勃起不全、ED治療薬としては世界一有名なバイアグラジェネリックの医薬品になります。
カマグラをゼリータイプにした薬になります。
カマグラゼリーは液体状なので、体内への吸収がとても早く、即効性に優れています。
錠剤タイプのカマグラと同様、勃起力強化、勃起機能の回復など、勃起不全回復効果を錠剤よりも早く体感する事ができます。
またフルール味でとても飲みやしいですが、ゼリーの味に関しては人それぞれなので何とも言えません。

カマグラゼリーの効果

有効成分:シルデナフィルクエン酸
効果継続時間:4時間~6時間
勃起を促すかというと、血管拡張作用とPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)という酸素の働きを邪魔する事により、陰茎部を勃起する作用があります。
基本的に勃起不全は何かしらの原因でなり、その原因は人それぞれ違います。
ほとんどの場合血液量が少ない事が原因であったり、勃起に必要な物質が不足していたりという傾向が見られます。
これらを改善しないと、勃起不全、勃起障害の症状が続いてしまいます。
どんな原因があっても、勃起をするには陰茎部へ十分な血液を送る事、陰茎部組織にある海綿体に血液を溜めるという事が重要となるので、シルデナフィルクエン酸をと摂る事で、
・血管拡張作用で大量の血液を確保できる
・勃起キープに重要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解に働くPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)を邪魔する
ことから勃起を促する事に効果的とされています。
もともとシルデナフィルクエン酸は、バイアグラの有効成分として研究開発され、世の中に出回った薬になります。
そのためカマグラゼリーはとても安心して服用する事ができるED治療薬となります。

カマグラゼリーの副作用

基本的にバイアグラと同様の副作用となります。
・頭痛
・目まい
・目の充血
・動悸
・消化不良
・顔のほてり
・鼻づまり

これらの症状は、カマグラゼリーを服用するとほとんどの方に起こりえる副作用となります。
どれも一般的な症状なので、そこまで深刻なる必要はありません。
しかし身体の健康状態によっては、深刻な事態を引き起こす場合もあるため、カマグラゼリーを服用する際は、体調管理には気を付けて下さい。
また頭痛が起きた場合、市販の薬局で購入できるロキソニン、バッファリン、EVE(イブ)など服用するようにして下さい。
さまざまな副作用があります。
こうした副作用に加え、一緒に副作用する事を禁止されている併用禁忌薬があります。
併用禁忌薬い指定されている薬一緒に服用すると、命に関わる重篤な副作用が発生します。
・塩酸アミオダロン製剤
・硝酸剤(錠剤タイプだけでなく、塗り薬、貼り薬などあらゆる剤形が併用禁忌)
・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

カマグラゼリーの服用方法

水、ぬるま湯がなくても手軽に服用でき、体内への吸収が早いため、錠剤タイプよいも即効性が高いです。
1回25㎎~50㎎を1日1回性行為1時間前に服用して下さい。
1日の限度量は100mg(1包)とされています。
また1日1回以上の服用はできず、次服用する際は必ず24時間以上空けてから服用するようにして下さい。
高齢者の方(65歳以上)、肝臓、重い腎臓障害がある患者さんは、血中濃度の上場が認められる事から25㎎からの服用となります。
カマグラゼリーは100mgしかないため、何回かに分けて服用してください。

7種類のゼリー
・ライチ
・キャラメル
・グアバ
・ラズベリー
・キウイ
・いちじく
・クリーンアップル

ゼリーは小分けになっているので、とても持ち運び便利です。

バイアグラODフィルム

バイアグラODフィルム バイアグラODフィルム(ノボシル)は、アビシュカル社(Aavishkar Oral Strips Pvt Ltd)から製造、販売されてるバイアグラのジェネリック医薬品となります。
バイアグラを製造、販売しているファイザー社が、厚生労働省より許可を取得した、フィルムタイプのED治療薬になります。
有効成分はバイアグラ同様、シルデナフィルクエン酸になり、水なしで服用でき、携帯用として最適なED治療薬となります。

バイアグラODフィルムの効果

有効成分:シルデナフィルクエン酸
バイアグラODフィルム(ノボシル)が口の中の粘膜から吸収され、ペニス付近で活動をする、勃起を抑えてしまうPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)と呼ばれる酸素の活動を抑えてくれます。
PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の活動を抑える事により、ペニスの血管拡張効果を持つ、cGMP(環状グアノシン一リン酸)と呼ばれる物質の濃度を上昇します。
ペニスの血管拡張により、ペニスに多くの血液が集まりやすくする事で、勃起をしやすい状態を維持する効果があり、PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)が活動的になると、cGMP(環状グアノシン一リン酸)が代謝されてしまい、ペニス周りの血管拡張しなくなってしまうため、勃起しにくい状態になります。
普段はこういった状態が保たれているため、勃起しないという事になります。
薬の効果が継続している間は、強制的に勃起が継続するような事はありません。
あくまで勃起状態をサポートしてくれる薬がバイアグラODフィルム(ノボシル)という事になります。

バイアグラODフィルムの副作用

バイアグラODフィルム(ノボシル)は、バイアグラ同様の有効成分なため、副作用も同様のものが発生します。
一般的に多いとされている副作用は以下の通りです。

・頭痛
・消化不良
・顔のほてり
・目の充血
・鼻づまり
・動悸
・目まい
・色覚異常

これからの副作用が発症した場合、薬の効果が出始めているという事になります。
効果継続時間の間は副作用が続きますが、一時的なものなので心配する必要はありません。
重篤な副作用としては、持続勃起症、狭心症、突発性難聴などがまれに発生する事もあるので、バイアグラODフィルム(ノボシル)を服用する際も注意が必要です。
また勃起不全の症状以外に持病、疾患の疑いがある方は、掛かり付けの医師に必ず相談の上、服用するようにして下さい。

バイアグラODフィルムの服用方法

1日1回1シートを舌の上に乗せ、口の中で溶かして飲み込みます。
バイアグラODフィルムは水に溶けやすく、唾液でも簡単にとけるため、水なしで服用する事ができます。
水で服用してはいけないという訳ではないので、水なしで服用しずらい方は、水、ぬるま湯と一緒に服用しても問題ありません。
また錠剤タイプの薬が苦手な方には、バイアグラODフィルム(ノボシル)がお勧めです。
バイアグラODフィルムは、水に溶けやすい性質があるため、袋から開ける際は乾いた指で開けるようにして下さい。
また1日1回以上の服用はできず、次服用する際は必ず24時間以上空けてから服用するようにして下さい。
高齢者の方(65歳以上)、肝臓、重い腎臓障害がある患者さんは、血中濃度の上場が認められる事から25㎎からの服用となります。

ジェネリック医薬品について

医療機関で処方されている医薬用医薬品には、新薬(先発医薬品)、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。
新薬は新しい有効成分、使用方法が開発されて初めに発売される薬です。
ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間などが過ぎた後に他のメーカーから同様有効成分で、効き目、品質、安全性が新薬と同様である事を条件に、国からの認められている薬です。
ジェネリック医薬品、新薬には有効性、安全性には違いは全くなりません。
新薬の製剤技術により、服用しやすさ、あつかいやすさなどプラスで工夫を加えた薬になります。

先発薬との違い

先発医薬品の開発には多額の費用、時間がかかっています。
0からの有効成分を研究し、医薬品作りをしなければなりません。
具体的には新薬開発に掛かる費用300億以上、時間9年~17年程度とも言われています。
莫大な投資金を回収する目的もあり、先発医薬品には特許期間が認められ、これに対しジェネリック医薬品(後発医薬品)は、すでに有効成分が開発、検証されている医薬品を作るため、開発に掛かる費用もとても安く、短期間で済むという事になります。
よってジェネリック医薬品(後発医薬品)の値段は先発医薬品に比べ、格安で処方、販売する事ができます。
開発過程、値段の差が先発医薬品、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の1番大きな違いです。
値段の安さがジェネリック医薬品(後発医薬品)の最大のメリットです。
ジェネリック(後発医薬品)が普及すれば、膨張を続ける医療費を抑制できるのではないかという点も大きく期待され、値段の安さ以外にも、1千発医薬品、ジェネリック医薬品(後発医薬品)には有効成分以外の添加物に違いがあり、有効成分の含有量にも違いはあります。

ジェネリック大国インド

ジェネリック医薬品は特許権が切れてからでないと解禁できません。
そのため特許権が発生したばかりの新薬には、ジェネリック医薬品がありません。
自分自身がかかった病気に効果がある薬が特許期間中の新薬で、その薬が値段が高く、長い間治療が必要な場合、大きな負担がかかります。
そんな時にインド製ジェネリック医薬品を選ぶことができます。
インド製ジェネリック医薬品は、インドで製造、販売している医薬品になり、特許期間中の新薬でもジェネリック医薬品として解禁して販売できます。
特許権について読まれた方は、法律違反ではないの?と思う方もいるかもしれませんが、特許制度はそれぞれの国に基づいて制定される法律で、インドにはインドの特許制度があり、インドの特許制度では2つある特許権のうち、「物質特許」が認められていません。
つまり異なる製法で製造すれば新薬と同様の有効成分を使用でき、ジェネリック医薬品として販売できるのです。
インドのジェネリック医薬品の製造は世界一を誇り、値段の高いな新薬も値段が安くで手に入ることから、貧困(お金がない、貧乏)が問題となっている発展途上国で多く使用され、難民の方々の命を繋いでいます。
特許制度は日本と異なりますが、インド製ジェネリック医薬品も、日本と同様に厳しい審査を通り、安全性、効果が認められた医薬品なので、安心、安全に使用することができます。
またインド特許制度に基づいて、薬はインド国内でしか手に入れることができないため、ジェネリック医薬品を入手法として、個人輸入代行通販サイトがあります。

個人輸入について

日本の法律である薬機法に基づく品質、安全性、有効性が確認されていないお薬なため、注意する必要があります。
海外旅行に行く、現地で購入する場合はもちろん、個人輸入代行サービス(通販)で購入した海外医薬品は、健康被害が起きても、全て自己責任となります。
海外医薬品を個人輸入する場合、通販を利用する場合は、ルールがあるので自分で使用する場合のみ認められています。
また日本で許可されていない海外医薬品(サプリメント、ピル、鎮痛剤、AGA治療薬、ED治療薬など)を、通販で購入でき、病院で処方を受けられないお薬など、病院で処方を受けられるお薬などがあり、病院では保険適用外の薬もあるため通販を利用する事で、格安で購入でき経済的にも負担はないです。
個人輸入の制限数に決まりがあります。

・要指示薬(日本国内では処方が必要)1ヶ月分以内
・医薬品(ジェネリック医薬品を含む)2ヶ月分以内
・ビタミン剤などのサプリメント剤)4ヶ月以内